製品概要

織物ソフトウェア「DesignScope victor」について

「DesignScope victor」は、ドイツの織物ソフト専業メーカー「EAT – The Design Scope Company」社が開発した、世界最先端の織物ソフトウェアです。

EAT 社は、テキスタイルデザイナーのP.Lepka氏が、手作業による紋図作成をコンピュータ化するために1983年に設立、それ以来、ジャカード・ドビー織物ソフト(一部経編ソフトも開発しています)専業メーカーとして、37年間常に最新のソフトを開発してきました。栄枯盛衰の激しいこの業界において、これって結構珍しいことらしいです。

「DesignScope victor」は、「今までのやり方」には決して満足せず、現在のジャカード・ドビー織物ソフトウェアのあるべき形を提案し続けております。多くの他社システムが模範にし、追随する、事実上の世界標準となっております。

「DesignScope victor」の特徴

「DesignScope victor」の各機能は、完全モジュール化されています。3次元織物シミュレーションや3次元組織アニメーション(3DWeave)を含むフルパッケージから、特定の用途に応じた専用パッケージまで、ユーザー様の用途に適したパッケージをご提案できます。

「DesignScope victor」では、独自開発の「チェーンシステム」を採用しています。織物設計・シミュレーション作成のすべての設定がひとつのチェーンにリンクされています。

Windows10(64ビット版)対応。Windows10は、これからも定期的にアップデートされますが、「DesignScope victor」は常に最新のバージョンに対応できます。
インストールできるハードウェアは、デスクトップ、ノート、タブレットと機種を選びません。Parallels、Boot Campなどを利用すれば、Macintoshでも使用できます。
言語は、日本語、英語を含むマルチ言語に対応しており、各ユーザーが選択できます。

ヨーロッパでは、「デザインシステム=CAD・CAM(コンピューター支援デザイン・製造)」と認識されています。「DesignScope victor」も、デザインや織データを作るだけではなく、製造装置や、社内外のコンピューターに接続・連携することを強く意識しています。
例えば、日本では目で見ることを前提に「指図書」をプリントアウトし、そこで終わりますが、「DesignScope victor」では、データベース化したり、他のソフトと共有することを前提にXMLで出力します。

「DesignScope victor」動作環境

記載の情報は標準的な目安です。お客様の用途に最適な動作環境をご提案致します。

  シミュレーション不要シミュレーション要
パソコンOSWindows 10 Pro 64ビット(日本語版)
CPUインテル Core i5インテル Core i9
メモリー4GB以上(8GB程度推奨)32GB以上
SSD240GB以上
グラフィックボードNVIDIA Quadro 4GB以上
キーボード109または106キーボード
モニター

23インチワイド以上
解像度 1920 x 1080以上
4K(3840×2160)対応